更年期障害の症状を見てみる

男性ホルモン「テストステロン」

更年期障害はホルモンバランスの崩れが一因です。
男性の更年期障害の症状として性欲や性衝動の減退も挙げられますが、これは男性ホルモン「テストステロン」の減少が主な原因です。
テストステロンの減少は40代半ばから始まり、もちろん個人差があり少々の減少では何の問題もない人もいます。
しかし、一般的には急激な減少の場合に更年期障害の症状が出易くなるとされています。
テストステロン濃度は強いストレスを受けると減少しやすのいですが、ちょうど社会においての中心的位置にある40~50代の男性は職場の他にも家庭の子供がちょうど思春期であるなどから、非常にストレスを受けやすい環境にあるといえるでしょう。
身体の仕組みが変調をきたす時期とストレスを受けやすい環境が、さらに中年男性のホルモンバランスを崩して更年期障害の症状を進めるのです。
テストステロンは筋肉や骨の形成や脂質代謝の他、血液を造ったり血管の健康を保つという働きをします。
さらに脳への指令も行いやる気を起こしたり頭の働きを活発にさせるなど、身体と心の育成や発達、且つその維持に大きな影響を持っています。
また、性機能をも司っています。

アレ?と思ったら病院へ行こう

更年期障害になると、さまざまな症状が表れます。
筋力の低下や筋肉痛、身体のほてり、発汗、頭痛や目まいといった身体的症状に加えて、集中力がなくなったり気力が減退したり、イライラしたり不安に襲われる、元気がなくなるなどの精神面の症状も表れます。
「うつ」も更年期障害の症状のひとつとされています。
頻尿や勃起障害といった下半身の症状も多く見られます。
厄介なのは健康診断などで検査をしても、時に具体的な異常が見当たらないケースがほとんどであることです。
思い当たる節のある人は専門のクリニックなどでしっかりと検査をしてもらうことをオススメします。

更年期による性機能の衰え

セックスは夫婦円満のカギ

離婚原因で「性格の不一致」という理由はよく耳にします。
確かに性格が合わずに離婚するケースも多いでしょうが、これが実は「性の不一致」であることも少なくないのが実情なのです。
また「性的に合わない」ことから、それが「性格が合わない」という事態を生み出すことも珍しくないのです。
さらに、配偶者の不倫も離婚の理由として多い事例ですが、不倫の原因がやはり夫婦間の「性の不一致」であることもよくある話です。
特に男性は年齢とともに男性ホルモンの分泌が減少して性的意欲が衰えてしまいます。
女性も年を取るにつれセックスに対する興味は薄れていきますが、男性とは異なり死ぬまで性欲がなくなることはないといいます。
つまり、年を取って夫にその気がなくなっても妻はいつまでも求める気持ちは持っているというわけなのです。
だから夫が妻のその気持ちに応えられなければ、いわゆる「熟年離婚」となる可能性があるのです。

年を取っても衰えないようにするには

若いころは男性ホルモンの分泌が盛んで、ちょっとした性的刺激でペニスが勃起します。
けれども年齢と性的刺激への慣れから、少々のことでは興奮せず簡単には勃起しなくなり、そのうち更年期によるホルモンバランスの乱れのせいで上手く勃起さえできなくなってしまうのです。
性的刺激はすぐに慣れてしまうものですから、長年同じ相手、つまり妻とのセックスではなかなか性的刺激を受けることは難しくなるかもしれません。
しかし身体的な衰えが原因で勃起できない状況であれば、相手を変えても上手くいきません。
でも「年を取るとどうしようもないのか」と諦めてしまう必要はありません。
心身を鍛えることにより更年期障害の対策となりますし、バイアグラといったED治療薬も大きな力となることでしょう。

朝勃ちしなければ危険信号のサイン

男性にも更年期障害

以前は更年期障害は女性特有のものとされてきました。
その症状として、のぼせや発汗が起こりやすくなったり、また精神的に不安定になり怒りやすくなったり不安感に襲われたりしやすくなります。
こういった症状は50代頃からの女性ホルモン「エストロゲン」の減少が原因とされ、これに伴い閉経が起こるのです。
症状のひどい場合は医者に診てもらい、治療を受けることもあります。
近年になって、この更年期障害が男性にも起こりうるものであるという認識がなされています。
長年に亘って男性には更年期障害は起こらないとされてきましたが、その背景には男性に比べてその症状を見極めることが難しかったという理由があります。
たとえば女性の閉経のような目立った身体の変化がなく、その他の症状も比較的軽いのです。
さらに、男性には更年期障害はないというのが一般常識だったので、自覚症状があっても別の病気であると考えられてきたからなのです。

勃起はひとつのバロメーター

男性の更年期障害の症状にはいろいろ挙げられますが、「朝立ち」しなくなれば更年期障害が始まっていると考えてもいいかもしれません。
若いころは性的興奮をしていないのに朝目覚めると勃起していることは日常的だったはずです。
もちろん異常でもなんでもなく、健康的な男性にとってはごく普通の現象です。
それが年を取るにつれてだんだんと「勃たない」日が増えます。
EDが原因の場合もありますが、更年期障害であるケースも疑えるのです。
更年期障害は男性ホルモンの現象が一つの要素でもあります。
それを予防・克服するためには、セックス力を高めることが重要です。
ただし勃たない状態ではセックスは満足にできませんし、勃っても途中で「中折れ」してしまうのも更年期障害の症状です。
そんな時こそ、バイアグラなどのED改善薬を服用するなどして対応するのも有効手段といえます。